2017年02月07日

FEヒーローズはスマホゲーム

とりあえず無課金でFEヒーローズやっているが
リセマラとか強キャラランクとかみてると良スキルで順位がつく世界。
マップの敵の属性に合わせた自パーティの属性補充のために回す低レベル育成。
育成のために修練マップで同じようなマップを淡々とこなしていく。
1日のうちのメリハリとして新キャラドロップのスペシャルマップと
闘技場でランクアップのための羽集め。
といった感じで確かにスマホゲームとしての要素を取りそろえている。
一方でFEであった支援会話とかはホーム画面の主人公との会話だけでIFとかの初期段階会話しか
無い感じ(レベル40まであげればなんか会話発生するらしいが)
キャラ同士の絡みが薄くなって、マップの名前付き強敵でしかない感がいなめない。
ストーリーも割と単純で悪っぽいボスも見当たらないのでさびしい感じ。

所感
スマホゲームとしてはだらだらと回せる
FEシリーズとしてはファン作品レベルに感じてしまう。
やはりマップが1マップで単調に感じてしまうからか
繰り返し要素が多かったりと残念な感じが多いかなぁ





posted by KiNooo at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FE ヒーローズ 無課金攻略2

1:初期メンバーを育成しつつストーリーを進めていく
 ・ノーマルを進めていき、ログインボーナスと合わせて虹珠を20個溜めて5人ひいていく
2:ひいたメンバーで、属性が違う物をバランスよく育てていく(剣、槍、斧、忍者、杖)
  ・回復メンバーも育てていく
  ・ステータス変化させる能力がかぶらないようにする。例:攻撃+3と攻撃+4を同キャラにかけても効果は+4
   (攻撃、防御、素早さ、魔防)
3:「16:00」を境にスタミナなどを調整する
 ・16:00で、修練の塔・闘技場参加権・フレンドの挨拶の復活、イベントマップが変化する
修練の塔:取れる魔石が曜日ごとに変わる。なおかつ、一定数取ると枯渇するので無駄にスタミナ消費しすぎないように注意
     バトルで表示される修練の塔の項目に宝石マークがついていたり、マップ選択時に報酬が出ているか確認
闘技場:参加権が3回復する。シーズン終了までに最大7連続勝つ、どこかで負けることで最高得点が決まる。
    シーズン終了残り1日を切ったら対戦権回復を使うか、次のシーズンを待とう
    闘技場で戦った相手にはとりあえずフレンド登録送っておく。
    ホーム>右下の黒い石>受信マークでフレンド申請来たら受諾しておく
フレンドの挨拶:ホームを押したときにハートが出ている2キャラを押すと羽10もらえる。
        さらに5人以上と挨拶してると追加で5もらえる。
        継続していくプレイヤーがどれだけ残るかわからないのでフレンドの登録は続けていくのが得策。
イベントマップ:消費スタミナが5と10固定なのでスタミナ切れに注意。


4:クエストを進めていく。
ホーム>右下の白い石>で、クエストを確認できる。残り日数に注意。
ストーリーをクリアしていく、ノーマルクエ全クリアで次の難易度が出てくる。
羽が大量に入るチャンスなのでねらい目。

タグ:ゲーム攻略
posted by KiNooo at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

重鉄騎風ガールズ&パンツァーのゲームは出ないものか・・・

重鉄騎
XBOX360のキネクト専用ゲーム。


重鉄騎とは?
初代XBOXで実際のコクピットさながらのコントローラー群を使用することで
リアル感を高めていた「鉄騎」。それの続編にあたる。
今作ではキネクトというカメラを使い、プレイヤーは実際に椅子に座りながら
ジェスチャーで機体を操作していく。


キネクトのスゴイ所
同時期に、WIIやPSMOVEなど、コントローラーのポインタや内臓センサーで
ジェスチャーによるゲームは出ている。
その中でもキネクトは体全体をキャプチャーし、
ゲームによっては足の動きまでゲームで使うことができる。
そのセンサーは奥行きも感知し、幅広い表現を可能としている。


キネクトを使った重鉄騎
まず、プレイヤーは部屋を片付け、椅子に腰かける。
そこがコクピットとなるのだ。
敵を策敵するために、椅子から立ち上がり
弾を装填するために腕を振り回し、
自爆をするために腕を振り降ろすのだ。
重鉄騎は3キャラ1組で移動、攻撃、装填などをおこない
基本は中央の席に座って操縦しているが、
状況によっては左右の席の操作もおこなう。
戦車の役割分担に近いものとなっている。
コントローラーでやれば簡単なところを
あえてジェスチャーを使って臨場感とめんどくささを演出している。

ガールズ&パンツァー
ガルパンはいいぞ。
で通じあえる有名作品。
キャラも多く、World of Tanksとのコラボもあった。

コラボの重要性
最近ではボイスロイドがソーシャルゲームとコラボしたりで注目を集めてたりと
有名作品とのコラボは宣伝効果が大きく見込める。
重鉄騎もその独特な操作感や世界観は印象に残るが
主人公がどんなキャラだったかは正直記憶に残っている人は少ないだろう。
世界観的にモブ的なキャラでいくのも考慮すべきだが、
ガルパン風重鉄騎とかくればXboxoneかその次世代機でも
注目を集めるのではないだろうか・・・・。

※あくまで「ガルパン風」であり、重鉄騎の世界観でガルパン出したら対消滅すると思う。


posted by KiNooo at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。