ゲームの広告方法について

2017年01月31日

ゲームの広告方法について

ここでいうゲームというのは自作ゲームで、一般的な大手のゲームソフトは含みません。
作ったゲームも誰にも知られなければ遊んでもらえない・・・
どういった方法で世間にアピールしていくかが悩ましいところである。



ソーシャルメディアで告知する

Twitter
「つぶやき」という少ない文字数で気軽に書き込める。
ツイッターでゲーム制作近況を報告している方も多い

Facebook
海外にも広めたいならこっちかも。

pixiv
イラストコミュニケーションサービスサイト。
ゲームのラフ画でも載せるだけでもアピールにはなる


ふりーむ!
無料ゲームならこっちに登録すると見る人は多い。
体験版と称して掲載してる作品もあったりする。

フリーゲーム夢現
全体の登録数が少なめなのでサイト内では目立ちやすい?
項目別の評価がある。
年齢制限版も別サイトで有り


転載対策
話によるとyoutubeに先に自作ゲームの動画を張って権利を主張すると
後から転載動画などが出ても削除してくれやすくなるらしい。
ゲームPVでも宣伝を兼ねて先に発表しておくといいかも





posted by KiNooo at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム作り理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。